望月
旧望月町は1959(昭和35)年に本牧町、布施村、春日村、協和村が合併して発足したが、2005年には佐久市、浅科村、臼田町と合併して新しい佐久市となった。中山道の宿場町としても発展し、稲作、畑作、林業、薬用ニンジン、酒造業等が盛ん。名所や旧跡等としては望月宿、茂田井宿、望月城跡、望月温泉、
春日温泉、春日渓谷、蓼科山大河原渓谷、福王寺、下吹上遺跡、望月歴史民俗資料館、天来記念館等がある。ほぼ中央を国道142号が通り、鹿曲川とその支流が地域内を流れている。
茂来館 ⇒ 佐久穂町生涯学習館「花の郷・茂来館」

 ⇒ 軽井沢事典  ⇒ 立科事典  ⇒ 東御事典