結いの高欄結いの高欄 明神池を巡る歩道沿い、およそ360mに亘って設置されているブロンズ製の高欄。デザインは東御市出身の造形家、保科豊巳。1992年度に日本建築美術工芸協会賞を受賞している。
湯の丸高原湯の丸高原 湯の丸高原は浅間連邦の西側に位置し、その名のとおり、丸く穏やかな表情の峰々と、爽やかな亜高山帯の気候がおりなす一帯は「花高原」として親しまれています。有名なつつじ平のレンゲツツジ大群落は、国の天然記念物にも指定され、初夏6月下旬には湯の丸山の山肌を鮮やかな朱色の絨毯のように染め上げます。周辺の山々は、比較的登りやすく、安定した気候と抜群の展望から、初心者も安心して登れるトレッキングコースとして人気があります。池の平湿原は標高2,000mに広がる高層湿原で、約1,200種を超える高山植物の宝庫です。内陸性気候ということから昼夜の気候差、年間の気温差がとても大きい特色ある気候条件にあり、本来ならば3,000m級山岳地帯に見られる高山性の植物までが、この狭い一帯に混在しています。6月はイワカガミ、ハクサンシャクナゲ、レンゲツツジ、7月にはアヤメの大群落、8月〜9月にはヤナギラン、マツムシソウ、リンドウなどの花々が咲きほこります。見晴岳、三方ヶ峰の南斜面には、高山植物の女王コマクサの群落(6月下旬〜7月)もみられます。木々の間には多くの野鳥がさえずり、花を求めて集まるベニヒカゲやミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウなどの貴重な高山蝶も見られます(東御市教育委員会)。
湯楽里館(ゆらりかん)
株式会社信州東御市振興公社が運営する日帰り温泉施設。浴場は露天風呂、大浴場、サウナ、ジャグジー、イベント風呂、水風呂、かぶり湯、泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉で、効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩。打ち身、捻挫、冷え性。食事、休憩には大広間(無料)、和室2室(有料)が利用できる。予約により各種宴会も可能。休館日は毎月第3水曜日で、営業時間は夏季が午前10時から午後10時で、冬期間は午前10時30分から午後9時。ブルワリーレストラン オラホ が隣接している。〒389-3875、東御市和3875、電話:0268(63)4126。
 ⇒ 軽井沢事典  ⇒ 佐久広域事典  ⇒ 佐久穂事典  ⇒ 立科事典